~部署紹介~ その5

舞台監督と演出は、ずばり公演の幹部!!中心となって参加者をひっぱっていきます。

演出は、もともとある台本を使用することもあれば、執筆することもあります。また役者の稽古を見るのはもちろんのこと、音響・照明と会議したり衣装の選んだものをチェックしたり……演出さんによって舞台が大きく変わってくるのです。

 

舞台監督、通称舞監さんはスケジュール管理や稽古場の場所取りなどもしています!あと、トランシーバーも使えるよ!笑 一度はやってみる価値ありです!

 

舞監さんに聞いてみたところ……

「シーバーを巧みに使いこなす、公演の司令塔!」

という素敵なキャッチコピーをいただきました。責任が多い分、やりがいもあるお仕事でしょうね!